2018/06/10

パーティーダンスで仲間内の雰囲気にのまれ思考と体が停止

「社交ダンス初心者ですか?」
昨年までは何とも思わなかったこの言葉が、今日は胸に突き刺さりました。。。





はぁぁ~・・・





私は返す言葉が思い浮かばず、笑顔でうなずきその場を去りました。。。





パーティダンスで失った自信はパーティーダンスで取り戻す





今日、パーティーダンスに行ってきました。

パーティーダンスは、当分行かない予定だったのですが、このままだと負け癖が付き2度と踊れないような気がします。

なので私は、ほんの少しの自信を取り戻すために、パーティーダンスに参加したのです。





本当に誰でもウェルカム?





「ローカルなダンスパーティー、人も少なく踊りやすいだろう」と、思って参加したパーティーダンス、予想外の雰囲気に、私はその場の雰囲気にのまれてしまいました。。。



どうもそのパーティーダンスは、仲間内のパーティーダンスみたいでした。



仲間内の中でよそ者が一人・・・



変な疎外感を感じます。。。

そして、遠くからの視線を感じます。。。



なんなんでしょう?この空気?



あぁ~、やりにくい・・・



これって、本当に誰でもウェルカムなの??





とりあえずワルツを踊ってみたら?





変な空気はあるものの、入り口で拒まれなかったからいいのでしょう。

私はとりあえずワルツを踊ってみることにしました。

すると、




思考がストップ!体がフリーズ!




いざ、踊ろうとすると、突き刺すような視線を感じます。



やばい・・・



私は、変なプレッシャーと場の空気に勝てず、踊れませんでした。。。(涙)



クローズドチェンジから次に進めない・・・



前回と違って人は少ないものの、この空気の圧は私の体をこわばらせていきます。



そして気付けば思考も停止。。。



私の体も停止してしまいました。。。





次にタンゴを踊ってみたら?





「タンゴならまだ大丈夫だろう」私はそう思って、次の曲のタンゴを踊ることにしました。

すると今度は、




ホールドがつくれない?




体がこわばったままになっていたので、ホールドがうまくつくれません。



でも、そんなことにお構いなしで流れる曲。



私は焦って、ウォークでつまずきました。。。(涙)



思考が止まっているまま踊り出した私は、タンゴも踊ることができませんでした。。。





そして心が折れた私は、冷たい視線を感じながら隅のイスに座りました。





すると、一人の女性が笑顔で「社交ダンス初心者ですか?」と一言。





私は笑顔でうなずきその場を去りました。。。





たぶん、その女性はそんなつもりで言ったのではないのでしょうが、私はその笑顔に悪意を感じました。





そう、目が笑ってない笑顔・・・





人を小ばかに笑うかのような目、上から見下されているかのような目に、私が参加していいパーティーダンスじゃない!と認識しました。。。





「誰でも初心者でも大歓迎!」って書いてあったのに・・・





私はもう、パーティーには行きません。。。





って、また行くんでしょうどね。(苦笑)






スポンサードリンク